偶像と煩悩

ただの1人語り。

彼氏が出来たジャニヲタの話

こんにちは、あすなろです。彼氏ができました。マジです。
この間更新した記事の年下くんではありません、19歳看護大生くんです。
櫻井翔国分太一の尻追っかけてても彼氏出来るものなんだな…って自分が1番驚いてます。ジャニヲタでも(彼氏の前でライト層装っておけば)彼氏が出来るよ!
という訳で今回は彼氏が出来てちょっとかなり浮かれているどうでもいい近況報告です。よろしくお願いいたします。

その看護大生くんと出会ったのは今年の夏です。同じバイト先でバックヤードで会った時の第一印象は「めっっっちゃ話しかけんなオーラ出してんなこの人…」でした。
その時点で苦手意識は少し芽生えててバイトも担当箇所が全く違ったのでこのまま「話さないけど同じバイト先で顔は知ってる」感じのアレになるんやろうな〜と思ってました。

ところがどっこい秋頃、女の先輩(二次ヲタ)と休憩が重なった時でした。
その時バックヤードには私と先輩と彼氏くんしかいなくて、またその彼氏くんもあんまり職場で目立たない子でしたしまぁぶっ飛んだこと喋ってええよな!と思ってその時のトークテーマが確か「女子校isGOD、やはり女の子は最高、女の子を愛でて生きていきたい」みたいなことを話していたと思います。本当に未来の彼氏がいる場所でなんつう事話してんでしょうねこのヲタク。
その馬鹿みたいにハイテンションな放送コードギリギリな話にその彼氏くんがクスッと笑ったのです。まあ同じ場所で話してたら聞こえるだろうね。その時「あれ?この人そんなに怖くない?」と思ってちらっと話振ったりするとぽつぽつと話したり笑ったりしてね、まぁ、要するにギャップ萌えしちゃったんだよね。
「無愛想なカレが実は笑顔が可愛かった!なんでだろう…なんかキュンキュンしちゃう。」ってお前はどこの少女漫画だよ。。。
まあ少しトキメキましたが結局会ったら少し話したり、前よりは仲良くなって知り合い程度にはなってそこで終わりかな〜と思ってました。終わらなかった。

なんやかんやあって実は年下男子くん(http://asnr-ktss.hatenablog.jp/entry/2015/10/14/124007)のことを諦めかけている時にその彼氏くんがなんだとっても可愛らしい感じで声を掛けてくるようになった。いつもは「あっ…おはようございます」って感じだったのに何故か「あっ!!おはよう○○さんっ!!」みたいな感じでなんかすごく可愛いなぁ…と思ってしまった。しかもあんまり目立たなくてこういう態度を取る人が少ない男子がね?こんな感じになるわけですよ?いやもう無理でしょ可愛いわ(ちょろい)
こんなの恋でしょ、可愛いでしょ、ていうか前から薄々思ってたけど笑顔どちゃくそキュートだしな?と頭で駆け巡ってそこから4日後ぐらいにLINEの交換と仕事後の初2人でお食事をキメました。
密かに相談していた二次ヲタ先輩には「お前の行動力はおかしい」と真顔で言われました。うん自分でもちょっと引く。
そこからまた少女漫画のテンプレじゃないですけど先に上がる私が彼を待つ形になって上がった彼とお喋りしながらバックヤードに溜まったり次の食事の予定立てたりクリスマス遊ぶ約束したりしました。(ここまで全部付き合ってない)
そもそもその彼があんまり女子と男子をいい意味で区別してない人だったので「ああ〜これ友人としか思われてないパターンだわ〜」と思ってたらクリスマスの予定約束した時点で「あれ…これ…ワンチャン…??フラグ立ってる…?そんなまさか…」とざわざわしてました。結果フラグ立ってた。

そして11月下旬に無事告白されて恋人同士になりました。やったぜ。
そもそもお互いどうやらクリスマスに告白するつもりがちょっとおかしなことになって(男の先輩が茶々を入れた。結果的には良かったが)それぞれの気持ちがバレバレ状態になり私が照れながらも「結局私のことどう思ってるんですか?」と聞いたら「好きだよ」と返ってきた。

うんこれちゃんと現実だしマーガレットとかの話じゃなくて超ノンフィクション。

自分が1番わけわかりません。とりあえず今は幸せです。
でも問題はこのブログとTwitterアカウントがバレたら死しかないのとデート中にジャニヲタ芸やらかしそうですごく怖いです。ショッピングモール内の広告に自担が乗ってるだけで彼氏がいるのに心ぴょんぴょんするのマジよくない。
キチンとジャニヲタってことは話してますよ!今度嵐現場に行くことも!こんなヲタクを許して欲しい、デート費用よりジャニ活費用を優先する女を。ほんとすまん。

今度は自担見ても心揺らぎませんでしたよ!まあジャニヲタやめられないけど!生きる活力失えない!





できるだけ病的なヲタクがバレないように彼氏持ちジャニヲタとして生きていきます。目標は3ヵ月続かせることです。どうかLINEとかで「このブログ○○ちゃん…?」とかのメッセージが来る未来がありませんように。