偶像と煩悩

ただの1人語り。

YOUはどうしてジャニヲタに?〜暗黒期編〜


前回までのあらすじ!

幼稚園生の純粋なあすなろは国分太一にガチ恋してしまう。そしていつの間にか夢小説を読み漁りジャニショに行って生写真を買い小学校に持って行ってニヤニヤする立派なジャニヲタ黒歴史を刻んでいた!



そしてTOKIO目当てに買った週間ザテレビジョン年末年始特大号。

私のヲタク人生はここで大きく変わることになります。

2009年1月。それは嵐がノリに乗っていた時期です。10周年に突入し花男効果で新規が大幅に増え嵐が日テレをジャックする「日テレ×嵐 challengeweek」なんて物もありました。

しかし私は目もくれず国分太一一筋でした。嵐?そんなものは知らねぇなぁ!そんな若造よりも太一くんだろ!

ここに少し私のおっさん好きが覚醒しつつありますがそれはともかく小学5年生の私は少し嵐をすれた目で見ていました。「絶対嵐になんか落ちないんだからね!」とフラグ丸出しの発言までしていました。


そう、すべてはあのテレビジョンから変わったのです。

私はなんとなく嵐のページを開いてしまった。表紙にドデカく乗っていてページ数が一番多い嵐のページを見てしまった。


これが櫻井翔との出会いになる事を当時の私は知らずに。



YOUはどうしてジャニヲタに?

〜暗黒期編〜



ページにはまだ全員20代のフレッシュな5人の笑顔が掲載されていました。
そして、当時11歳の私は櫻井翔を目にしてしまいます。
ちょうどヤッターマンの撮影中で体重をギリギリまで落としていた彼。今でも「2009年の櫻井くんは世界遺産」と一部で言われるぐらいのスーパービジュアル櫻井翔を目にしてしまいます。
そして私はこう口に出していました。


「王子様みたい…」



そうしてここから私は絶対落ちてたまるもんかと豪語していた嵐に落ちていくことになります。ぜんぶ櫻井翔のせいだ。


もちろん、すぐに翔くん!嵐かっこいい!にはなりません。
ゴチやメントレは必ず見ていたし男子ごはんだって始まる。太一くん担にとってはたまりません。変わらず太一くんは勿論かっこいいです。

でも何故でしょうか。テレビで意識せずとも出ずっぱりな彼が目に入る度なんだかドキドキしてしまいます。翔くんを見る度なんだか目を逸らしてしまいます。


これは、私が幼稚園生の時国分太一さんに出会った頃とそっくりの感情でした。


少しずつ櫻井翔に傾いていく私の心。「いや、でも太一くんかっこいいし!嵐には落ちないし!」と主張する私に母はこう言いました。

「そう思ってる時点でアンタはもう太一くんから心が離れてるのよ」


当時の私からしたらとても辛い言葉です。でも、と私は思い直しました。今では再熱して出戻りし掛け持ち、と言う形をとっていますが当時小学生の私にはまだジャニヲタと言う概念も無ければ当然掛け持ちなんてことも分かりません。当時アイドルをガチ恋目線で応援していた私には2人を同時に応援するのをまるで二股しているかのような罪悪感があったのです。


まあそもそも付き合っても無いしそんなことはありえませんしドルヲタに二股もクソも無いですけどね。


何かを勘違いしていた私はここで櫻井翔にガチ恋を始め、国分太一のファンであることを辞めてしまいます。(ネタバレ:5年後に再熱)


これが私のはじめての担降りになりました。


そして進級し小学6年生。完璧に櫻井翔にシフトチェンジしたら皆にビックリされました。
と同時に仲間もいたのです。「私松潤好きだよ!」「私もニノ好き!」と周りから言われます。
太一くん担の時にはなかった周りが自分のヲタトークに同調してくれる。まあ当然今をときめく嵐はティーンズの心を鷲掴みにしていたからしょうがない。

私は嬉しくなりました。周りにこんなに仲間がいると。母親からも安心されます。「ようやく年相応のアイドルを好きになってくれた…」と。


そしてここから始まる嵐ヲタへの道。(と書いて黒歴史と読む)


夢小説は当然漁りまくります。そしてようやくジャニヲタ、と言う概念を知ります。
ヲタクはどうやらCDやDVDなるものを買うようです。まあ私は別に買わなくていいし、とお茶の間ヲタを突き通すあすなろ。

しかしネットを覚えてから無駄に知識が増えます。嵐にはどうやら「法則」があるみたいだと。どうやらジャニヲタには担当がある様だと。

そして様々な掲示板やファンサイトを練り歩いた結果が「AMNOS神風」「一生翔担♡」などと黒のネームペンで自分のペンケースにクソみたいな落書きをし学校では「翔くんマジイケメン♡結婚する♡」などとほざく本気愛クソにわかヲタクの誕生である。


中学生だから。中学生だから。中学生だから。


あの時の出来事は今でも思い出すと恥ずかしいです。穴があったらコンサートDVD持ち出して入りたいです。(穴の中でコンサートを見て現実逃避するヲタクの図)


そこからコンビ萌えなるものを知ったり(当時は磁石*1推しだった)Twitter始めてそこでまた黒歴史刻んだり初めてのコンサートを体験したりするのですがこれを書くとなるとまあ長くなる。のでこれはいつかきっとブログで書きます。


そして嵐ファンになって5年の歳月が経ちました。流石に落ち着いて自担のことを崇めながら尊い尊いと呟きながらヲタク活動は楽しいものです。これからずっと私は嵐ヲタとして生きていく


って思うじゃん?


そしてここから2回目の転機が訪れます。もうご存じの方は多いと思いますがこれはまた次回にしましょう。




YOUはどうしてジャニヲタに?〜掛け持ち編〜につづく






*1:二宮くんと櫻井くんのコンビ